全国の面白い陸上競技イベント10選

骨太なイベント、集めてみました。

RedBull400

エナジードリンクで有名なRedBullが手がけるこのイベントではスキージャンプの走路400mを逆走してそのタイムを競います。最高傾斜はなんと37度。もはや登山ですね…陸上部のみなさんには「坂ダッシュ400mをレペでやる」といった方が伝わりやすいかもしれません。個人で400mを登る種目とリレー形式でつなぐ種目があります。下の動画はリレー種目の様子。見ているだけで過酷さが伝わっています

ホームページ:http://www.redbull.com/jp/ja/events

RedBull 白龍走

こちらもRedBullが手がけるイベントで、熊本県下益城郡美里町にて日本一の長さを誇る階段を登りきるタイムを競います。段数はなんと3333段!ちなみにコースの全長は3333m参加者は333名。3できれいに揃えてきますね。

ホームページ:http://www.redbull.com/jp/ja/events

JR京都駅ビル 大階段駈け上がり大会

京都駅で毎年開催されているイベント。既に20回以上の開催となるようです。

 

西宮神社 福男選び

兵庫県の西宮神社にて毎年の1月初めに行われるこのイベント。神社の開門と同時に、本殿への参拝一番乗りを目指して皆がダッシュします。上位入賞者は「福男」と呼ばれ、テレビなどでも取り上げられるため、知っている人も多いのではないでしょうか。なお、福男にはいろいろな景品が授与されます。過去には以下の商品が贈られたようですね。

一番福
えびす様の御木像(大)、半被、えびす様お面額、えべっさんの酒菰樽、 えべっさんの米1俵(60kg)、ヱビスビール

二番福

えびす様の御木像(小)、 半被、えびす様お面額、えべっさんの米1俵(60kg)、ヱビスビール

三番福

えびす・大黒様の御金像、 半被、えびす様お面額、八喜鯛(焼き鯛)、ヱビスビール

景品がもらえて、”福”男なんて呼ばれるなんてさぞかし”福”の多い一年になるんだろうな、と思ったそこのあなた。実は福男になったからといって自分に福がめぐるわけはないんです。福男は「周りに福をもたらす存在」なんだとか。ただ、自分が頑張って周りを幸せにするって、それはそれでとっても素敵ですよね。

ちなみに参加者は毎年増え続け、現在は数千人になっています。福男になるためには、走力はもちろん、スタート位置を決めるためのくじ引きでよい位置に当たることも重要になります。のんびりとした年始めもいいですが、一度挑戦してみてはいかがでしょうか!?

ホームページ:http://nishinomiya-ebisu.com/

全国統一かけっこチャレンジ

ホームページ:https://ja-jp.facebook.com/kakekko.japan/

国道1BAN

ホームページ:https://www.kokudou1ban.net/

 

ゲレンデ逆走マラソン

合言葉は「登り切るまで振り向くな! 」

ホームページ:http://www.gambaruzo.jp

スパルタンレース

Reebokが主催するランニングイベントは世界でもっとも過酷な障害物競走かもしれません。ランニングのコース中に点在するさまざまなアスレチックをクリアしつつゴールを目指すんです。

https://fitness.reebok.jp/spartanrace/

 

枚方longjumpカーニバル

大阪で行われる枚方longjumpカーニバルは走幅跳のイベントですが、通常の陸上競技大会とは一味違います。仮装から、音楽まで何でもありです‼︎ かといってレベルの低い大会という訳ではなくトップ選手も多数出場します!

ホームページ:http://track-and-field.jpn.org/hirakata-long-jump-carnival-top.html

全日本ライフセービング選手権大会

ビーチフラッグや浜ダッシュなど、陸上競技をやっている人に入賞のチャンスがある種目がいくつかあるようです。

ビーチフラッグス

砂浜で約20m離れたバトンラインに背を向けてうつ伏せになり、バトンラインに競技者より少ない数で置かれたビーチフラッグ(バトン)を取り合います。 テレビ番組などでもお馴染みとなり、ライフセービング競技の中で最も知名度のある競技とされます。

ビーチスプリント

砂浜の直線コースを90m走ります。柔らかい砂を走る場合、蹴った力が砂に吸収されるため、強く蹴り出すより大きく足を運ぶことが 必要で、硬さのある陸上とは走り方が異なります。また、海岸によって砂の質が異なることも計算しなければなりません。

2kmビーチラン

海岸に設けた2kmのコースを走ります。広い海岸で救助に向かう際、数百メートル走ってから救助に向かうことも想定されます。 ライフセーバーは泳ぐだけではなく、長距離を走る力も必要とされます。

ビーチリレー

砂浜の90mの直線コースを1チーム4人で走り、リレーをつなぎます。ビーチリレーはバトンの受け渡しに特徴があり、行き違いに バトンを渡す。受け渡しでは減速しつつ、バトンを受け取ったらすぐにトップスピードへあげることがポイントとなります。 また、足の速い選手4人を揃える層の厚さも勝利の必要条件となります。

引用:特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です