走り方講座(#1)そもそも走るって何だっけ?

こんにちは、走り人です。本サイトでは速く走ることについて考えていきます。
ですがそもそも「走る」とは何でしょう?
ちょっと考えてみてください。

 

 

 

…OKですか?
・速く移動すること

・駆けること

・ダッシュすること
色々な答えが出てきそうです。
ネットの辞書には「動物や人間があしを素早く動かして移動すること」
なんて書いてありますね

どれも正解ですが、ここではまとめて「交互に足を前に踏み出して素早く移動すること」ぐらいにしておきましょう。

ただ、陸上競技においてはもう一点意識しておいてほしいポイントがあります。

ヒントは「走る」と「歩く」の違いです。

正解は、走るときには「空中に地面が浮いている状態がある」ということです。

つまり
歩く→両脚が常に地面について移動する
走る→両脚が地面を離れることがある
=身体が空中に浮く状態がある
ということです。

このように、陸上競技では上記のように身体が地面から浮く瞬間があるかを走る/歩くの判断基準にしているんですね。

ですので、速く歩くことを競う競歩という種目では走っている、つまり空中に身体が浮いていると「ロスオブコンタクト」という反則があります。

まとめ

・走るとは「交互に足を前に踏み出して素早く移動すること」

・さらに陸上競技では「空中に身体が浮いている瞬間がある」ことを条件としている

では今日はこの辺りで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です