男子100m走 世界10傑タイム記録者の身長と体重

  1. こんにちは、走り人です。100mの国際大会に出場する選手は日本人に比べてガタイがいいイメージがありますよね。そこで今回は、これまで記録された100mの記録トップ10の選手について、体重と身長をまとめてみました。それではどうぞ。

 

1

ウサイン・ボルト(記録:9.58秒)

身長:195cm

体重:94kg

2

ヨハン・ブレーク(記録:9.69秒)

身長:180cm

体重:78kg

 

2

タイソン・ゲイ(記録:9.69秒)

身長:183cm

体重:73kg

 

4

アサファ・パウエル(記録:9.72秒)

身長:190cm

体重:88kg

 

5

ジャスティン・ガトリン(記録:9.74秒)

身長:185cm

体重:79kg

 

6

ネスタ・カーター(記録:9.78秒)

身長:178cm

体重:70kg

 

7

モーリス・グリーン(記録:9.79秒)

身長:175cm

体重:79kg

 

8

スティーブ・マリングス(記録:9.80秒)

身長:176cm

体重:67kg

 

9

リチャード・トンプソン(記録:9.82秒)

身長:188cm

体重:80kg

 

10

トレイボン・ブロメル(記録:9.84秒)

身長:175cm

体重:71kg

 

意外だったのはトップ10の中に実は170cm台の選手が4人もいること。身体が大きいとその分制御するのが難しくなるため(この辺りはいずれ別の記事に起こします)必ずしも身長が大きいことがメリットとなるわけではないことはありますが、これには少し驚きました。日本人でもちょっと大きな人であれば十分に身長の面では引けをとらないといえそうです。
ボルト、パウエル、ガトリンはいずれ185cm以上と大きいですね。その中でもボルトの195cmは群を抜いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です