男子100m走 日本10傑タイム記録者の身長と体重

こんにちは、走り人です。前回は100m世界記録の世界10傑タイムを保持している選手の身長と体重を見てみました。じゃあ対して「日本の選手はどうなの」気になると思います。そこで日本の100m10傑タイム保持者の体重と身長をまとめてみました。それではどうぞ。

1

出典:はてなダイアリー
伊東浩司(記録:10.00秒)

身長:180cm

体重:72kg

 

2

出典:JAAF

桐生祥秀(記録:10.01秒)

身長:175cm

体重:68kg

 

3

出典:はてなダイアリー

朝原宣治(記録:10.02秒)

身長:179cm

体重:75kg

 

4

出典:wikipedia

末續慎吾(記録:10.03秒)

身長:178cm

体重:68kg

 

4

出典:JAAF

山縣亮太(記録:10.03秒)

身長:177cm

体重:70kg

 

6

出典:wikipedia

江里口匡史(記録:10.07秒)

身長:170cm

体重61kg

 

7

出典:wikipedia

塚原直貴(記録:10.09秒)

身長:180cm

体重78kg

 

7

出典:wikipedia

高瀬慧(記録:10.09秒)

身長:179cm

体重68kg

9

出典:wikipedia

ケンブリッジ・飛鳥(記録:10.10秒)

身長:180cm

体重76kg

 

10

出典:日本オリンピック委員会

川畑伸吾(記録:10.11秒)

身長:175cm

体重70kg

 

自分の体格と比べてみてどうでしょうか。

身長は170cm台後半の選手が多く、20代前半の平均身長172cmに比べると高い人が多いといえそうです。とはいえ最も高かった選手で180cmですからそこらを見渡せばパラパラと見当たりますよね。

体重に関しても70kgを超える選手が多く、20代前半一般男性の平均体重66kgを上回っているといえそうです。一般男性だと当然アスリートに比べると脂肪が多く筋肉の割合は少ないと考えられるため、筋肉の量に限って言えば大きく差がありそうです。

とはいえ部活などで身体を鍛えている人ならば、身長、体重(と筋肉の全体量)に関しては10傑の選手に劣らない人もいるのではないでしょうか。中には江里口選手(170cm,61kg)のように体格の面では決して恵まれていないもののすばらしい成績を残している選手もいますしね。

 

身長/体重は競技力を決める一つの要因にはなりますがもちろんそれだけではないんです。(当たり前のこと言った)自分とトップ選手との間で何が違うのか…今回の記事が考える機会になれば幸いです。

最後に、ケンブリッジ選手の画像の状況…ばんざいしている黒人選手は何者なんだろう?おそらく試合中でこけてると思われるのに笑顔だし笑 すごく気になりました。ではでは今日は子ˮあたりで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です